理念・
方針
多面的な視点から緑地環境学科を捉え、2つのキャンパスでの豊富な実習で即戦力を磨きます。
“緑”を人類の生命の源として位置づけ、“緑”の多面的・複合的な機能に着目して“環境”を“緑”の視点から学び、快適で豊かな生活環境・社会環境を想像できる人材を育成します。福浜・二丈の2つのキャンパスを活用して、“緑”に関する仕事に就くための実践的な教育を行っています。都心の「福浜キャンパス」では、計画・設計やICT技術を中心に学び、自然あふれる「二丈キャンパス」では、植物や生物の姿を実感しながら多くの実習を中心に学ぶことができます。

特徴 仕事につながる充実した実習
基礎的な技術・技能を習得する「総合実習」や「緑地管理実習」から、様々な知識を総合化してコース別に空間制作を行う実習まで、実践的な人材育成のためのカリキュラム骨格を担います。
実物から学ぶ植物教育
約600種の植物が植栽管理されている二丈キャンパスで、実物を見たり触ったりしながら植物の生理・生態や形態だけでなく、移植や剪定などの植栽管理について学びます。
仕事で使えるICT教育
Office系ソフトウェアだけでなく、設計業務に必要なCAD、Adobe IllustratorやPhotoshopを使ってポートフォリオやプレゼンテーションボードを作成する技術や手法を学びます。
専門職への高い就職率
ポートフォリオや独自のキャリアデザイン教育によって、様々な選択肢を持ちながら、就職に臨めるようになっているのが、西短緑地環境学科の特長です。まさに、「手に職がつく」学びを実感できます。

選べる緑地環境学科コース

◇造園芸術コース(庭園文化)

●植物について幅広く学び日本の伝統技術を継承しながら、専門性の高い技術で、環境時代を切り開く人材を育成します。
●まちづくりから庭づくりまで、設計、施工、管理を一貫して学び、実践的な知識や技術を習得します。

◇ガーデンデザインコース(草花園芸)

●草花を知り、育て、デザインすることで、暮らしを豊かにし、環境を考える創造性豊かな人材を育成します。
●草花園芸、フラワーデザイン、園芸福祉、ガーデンデザインなど植物に直接触れながら知識や技術を習得します。

◇自然環境デザインコース(自然環境)

●自然環境を地球規模で考え、身近な地域を保全し、緑を通して持続可能な社会を築くことができる人材を育成します。
●地球環境問題、ビオトープ、ランドスケープエコロジーなどを学ぶことで、自然環境の保全や、都市を緑化するための技術や方法を習得します。


コース決定から進路決定までの流れ

1年次【前期】
ランドスケープを学ぶための基礎的な能力・ボキャブラリーの習得
●様々な職種・職域について学び、自分の将来像をイメージする。
コース
決定
  夏休み
1年次【後期】
テーマ設定と能力開発
●自身のキャリアデザインの方向性を決定し、必要な基礎知識の習得を進める。
ゼミ
決定
  春休み
2年次【前期】
テーマ設定と応用への展開
●方向性に基づいて様々な資格取得と知識集積を行い、応用への展開を準備する。
進路
決定
  夏休み
2年次【後期】
展開とまとめ(プロフェッショナルへの準備)
●様々な制作や研究にチャレンジ。自身の技術を研鑽し2年間をまとめ社会人への準備を進める。

ポートフォリオをつくろう

■ポートフォリオで自分の学習歴をまとめる

豊富な実習や演習の学びを「やった」・「できた」・「終わった」で済ましてしまわずに、自らの学習履歴・作品をまとめるポートフォリオを通してキャリア形成を行っています。本学科では、他大学にない独自のプログラムでポートフォリオ作成を支援しています。それにより学生一人ひとりが自分が授業で何をどのように学んだのか、どのような資格や技術、知識を持っているかを可視化・再評価でき、より深く自分の将来を考え、就職や進学につなげていくことができます。

ポートフォリオ制作の流れ

各授業、実習、
演習などの
プログラム

写真管理・
実習演習日報
記録

各実習・
演習報告書
の作成

再評価

編集と
再構成

活用

基本的なポートフォリオの骨格は、授業の中で制作していき、様々な授業の中で振り返れるような仕組みになっています。