理念・
方針
目標とする進路への到達と、その後も見据えた教育
ビジネス法学科では、公務員や民間企業への就職など学生が目標とする進路への到達に向けた様々な支援体制を整えており、さらにその目標到達後その職場で活躍できるようコミュニケーション力やチーム力で働く力などの社会人基礎力の習得も行います。

特徴 徹底した進路指導
入学後の半年間は、公務員や民間企業など各種進路に関する情報収集を徹底して行います。教員による進路ガイダンスに加え、学生たちが官公庁や企業に出向き聞き取り調査を実施します。これにより、各種進路に関する理解を深めそのモチベーションを高めると同時に、早期離職の原因となる学生と志望先とのミスマッチを防ぎます。
コース別科目の設置
各種進路に到達するうえで必要な科目をコースごとに設置しています。例えば、公務員コースであれば採用試験に出る主要科目を取り揃えました。加えて受講料無料の夏期講習や春期講習でさらなる学力アップも図ります。さらに、各コース担当教員が徹底的な個別指導を行っており、確実に進路到達に必要な力を身につけることができます。
社会人基礎力の習得
官公庁や民間企業へ就職後も活躍できる人材となるよう、ビジネス法学科では社会人基礎力の習得にも努めます。具体的には在学中に行う様々なグループワーク活動を通じて、社会人としての適正(長所、短所)の把握と、報告・連絡・相談などの「伝える力」や「自己理解力」、「チームで働く力」の向上に努めていきます。

ビジネス法学科つのコース

◇公務員コース(中級・初級公務員試験合格)

法律知識を身につけ、現場で活躍できる人材へ

このコースでは公務員採用試験に出題される「判断推理」・「数的推理」などの科目を正課科目として設置しており、さらに公務員試験予備校での指導実績のある教員による徹底した個別指導によって、試験合格に必要な力を身につけることが可能です。また、公務員の業務で必要となる法律科目も多数取り揃えており、実務の現場で活躍できる公務員を目指すことができます。

◇商経ビジネスコース(民間企業への就職)

法律・経済・金融の知識を得て、企業への就職を目指す

法律と経済そして金融を学び、民間企業の様々な分野で活躍できる人材を目指しています。特に、学生には「ファイナンシャルプランナー」の資格取得を推奨しており、試験対策に必要な科目も全て揃えました。就活指導では一人一人にじっくり時間をかけた個別指導が当コースの特徴です。この指導を通じて学生はビジネスマナー、文章力、社会人の考え方などを学ぶことで、就職後の社会人に求められる力を身につけます。

◇編入学コース(4年制大学への編入)

4年制大学編入後の単位取得を見据えた指導

編入試験対策の指導体制としては、まず4年制大学への編入試験に必須の英語や小論文を、基礎から応用まで徹底指導する科目を用意しています。志望動機書の作成や面接についても個別指導を行うので、学生は万全の体制で編入試験に臨むことができます。さらに編入後を見越して、編入先で認定される科目の履修指導も行っているので、編入後の学生生活も余裕をもって過ごすことができます。

◇アジアビジネスコース(留学生専用:日本企業への就職・4年制大学への編入)

日本語能力の強化とビジネスに必要な知識の習得

外国人留学生を対象としたこのコースでは、会話、読解、文法など日本での生活に必要な日本語能力(N2、N1レベル)を身につけながら、日本の法律や経済、ビジネスマナー、そして文化など学び、日本での就職や4年制大学への編入を目指します。日本人学生と合同で各種グループワークを行い、互いの国の文化、風習を学びながら相互理解を深め、コミュニケーション能力を高めていきます。現在、ベトナム・中国・ネパール・ポーランドなど様々な国からの留学生たちがこのコース学んでいます。