MENU
TOP

各学費サポート

奨学金制度について

本学では、学生生活における学費面での支援として、種々の奨学金を取り扱っています。
奨学生となるためには、所定の期日までに書類を提出し、審査を受けなければなりません。また、それぞれの所得状況や学業成績、その他の審査により決定されるため採用されないこともあります。本学で取り扱っている奨学金はつぎのとおりですが、申込み期日等はすべて学内の掲示板でお知らせしますので、貸与を希望する者は期日に遅れないよう確認のうえ手続をしてください。

日本学生支援機構奨学金

この奨学金は、すべての学生を対象とするもので、つぎの4種類に分けられます。

(1)第一種奨学生採用候補者

(2)第二種奨学生採用候補者

(1)、(2)の予約奨学生採用候補者制度は、高等学校在学中に『大学等奨学生採用候補者決定通知』を受けている者で、進学することにより奨学生として正式に採用されます。

(3)一般応募による第一種奨学生

(4)一般応募による第二種奨学生

(3)、(4)の一般応募については、4月上旬に説明会を行いますので希望する者は必ず参加してください。

日本学生支援機構ホームページへ

その他の奨学金

(1)宮崎県育英資金

この奨学金は宮崎県内に保護者が在住していることを条件とします。
採用人員は若干名、貸与額(自宅通学)53,000円 (自宅外通学)63,000円

(2)山口県ひとづくり財団

この奨学金は山口県内に保護者が在住していることを条件とします。 採用人員は若干名、貸与額51,000円

(3)福岡県介護福祉士等修学資金

社会福祉学科に在学する者で、将来福岡県内において、介護福祉士等に従事しようとする者に対し、修学資金を貸与するものです。
採用人員は若干名。

月額50,000円以内
入学準備金200,000円以内(初回のみ)
就職準備金200,000円以内(最終回のみ)
国家試験受験対策費用40,000円以内(1回のみ)
生活費加算費年齢や市町村により異なる
利子無利子
返還免除養成施設を卒業し、介護福祉士の国家試験に合格し1年以内に貸与を受けた県内において介護福祉士として介護業務等に従事し、かつ5年間引き続きこれらの業務に従事することで免除になります。(一部3年間の地域があります。)

(4)福岡県保育士修学資金

保育学科に在学する者で、将来福岡県内において、保育士等に従事しようとする者に対し、修学資金を貸与するものです。
採用人数は若干名。

月額50,000円以内
入学準備金200,000円以内(初回のみ)
就職準備金200,000円以内(最終回のみ)
生活費加算費年齢や市町村により異なる
利子無利子
返還免除養成施設を卒業した日から、1年以内に貸与を受けた県内において保育士として保育業務等に従事し、かつ5年間引き続きこれらの業務に従事することで免除になります。(一部3年間の地域があります。)

(5)各都道府県奨学金

保上記にあげた以外の都道府県についてはそれぞれの教育委員会へ本人が直接申込みをしなければなりませんので、希望する者は広報誌(市政だより等)に注意しておいてください。本学に募集依頼があったものに関しては、その都度掲示板等でお知らせします。

その他の学費サポート

本学では、学費負担者の一時的な経済的負担を軽減するため、株式会社オリエントコーポレーション(以下、オリコ)と提携し『学費サポートプラン』としてご案内しております。
これは、入学金・授業料・教材費などの納付金をオリコが立て替え、学費負担者は毎月分割でオリコに支払っていただくシステムです。
分割支払いの方法も、普通分割だけではなく、在学中には分割手数料のみをお支払いいただく‘ステップアップ返済’など多様な選択ができます。詳しくはオリコ学費サポートプランをご覧ください。

オリコ学費サポートプランのページへ

注)利子助成制度

経済的事情により、上記教育ローンを借用した場合、入学年度から卒業年度までに支払った分割手数料相当分を在学中に本学が助成します。
ただし、休学期間および留年年度は助成期間に含みません。
助成希望者、入学後、分割手数料助成の申請時に主たる家計支持者が「給与所得者」の場合は源泉徴収票を、主たる家計支持者が「給与所得者以外」は確定申告書等の所得金額(税込)のわかる書類を提出してください。
分割手数料助成については、本学学務課・入試係へお問い合わせください。

外国人留学生向け奨学金

2019年11月19日現在
奨学金名 事業名 推薦条件 給付額
学習奨励費 日本学生支援機構 前年度の成績評価係数が2.30以上であり、受給期間中においてもそれを維持する見込のある者 48,000円/月
語学能力に関る要件
受給後、進路状況調査に協力する意思を有する者
仕送りが平均月額90,000円以下であること
在日している扶養者の年収が500万円未満であること
学習奨励費との併給を制限されている奨学金の給付を受けている者ではないこと
機構の海外留学支援制度による支援を受けている者ではないこと
JEES日本語教育普及奨学金 日本国際教育支援協会 前年度実施した日本語能力試験N1を受験し、170点以上(中国語・韓国語以外を母語とする者は100点以上) 50,000円/月
採用された場合の受給期間が2019年4月より1学年相当以上
受給期間中、本協会が実施する他の奨学金を受給しない者
在籍大学の長の推薦を受けることができる者
2019年4月時点において、正規生として在籍し、日本語指導者を目指す者。また、在留資格は「留学」であること
  • 日本語能力試験においてN2レベル以上に合格した者
  • 日本留学試験の日本語科目(読解、聴解及び聴読解)の得点が200点以上である者
  • 機構が別に認める語学水準以上である者:
    • BJTビジネス日本語能力テスト400点以上である者
    • 日本語を主言語として後期中等教育(高校レベル)において3年以上の教育を受けたと書面にて確認できる者
    • 日本語を主言語として学位を取得した書面にて確認できる者
    • その他の日本語の語学試験の成績によりJLPTのN2相当以上の日本語能力を有していると書面から判断できる者
    • 学校がJLPTのN2相当以上の日本語能力を有していると判断できる者(どのように確認したかを書面にて記録し、学校で保管すること。機構が提出を求める場合がある)

ただし、留学生別科に正規生として在籍している者を除く