特別就職サポート 学生支援推進プログラム

本学は、この度、文部科学省の平成21年度「大学教育・学生支援推進事業【テーマB】学生支援推進プログラム」に採択されました。


学生支援推進プログラムとは

文部科学省採択事業の「大学教育・学生支援推進事業」学生支援推進プログラムとは、各大学等における学士力(知識や思考など学生として最低限身に付けておくべき力)の確保や教育力向上のための取組の中から、達成目標を明確にした効果が見込まれる取組を選定し、広く社会に情報提供するとともに、重点的な財政支援を行うことにより、我が国の高等教育の質保証の強化に資することを目的としています。


本学の取り組みについて

【名称】
「人間力育成教育と情報の可視化・共有化による進路支援プログラム」

【概要】
本学の取り組みは、学生にキャリアデザイン意識を持たせ、希望する適性な進路先への就職・進学を支援するもので、学士力や社会人基礎力など、社会が求めるニーズに沿った資質を身に付けることを狙いとし、これまで以上の包括的な進路支援を行うことで、就職率・離職率の改善、希望進路が定まらない学生を減らすことを目標としています。また、教職員の資質向上も図るもので、教職員ワークショップなどによるFD・SD活動を行います。


本学の取り組みについて
  1. 電子カルテやケータイメール などを使った進路指導の強化
    学生の就職活動状況や資格取得状況などを入力した電子カルテを活用することで、情報の共有が可能となり、教職員が一貫した指導を行うことができるようにする。
    また、携帯メールなどによる進路情報の提供、365日対応の進路相談を行い、土日や長期休暇中のなどの相談体制を確保することで就職支援を強化していく。
  2. 特別科目によるキャリアデザインと人間力育成
    特別科目(キャリアガイダンス)の一環として人間力育成教育を行うことで、明確なキャリアデザインを持ち、希望する適性な進路先への就職・進学を選択できるようにする。
  3. ポートフォリオ作成による自己プロデュース力強化
    講義・実習などのポートフォリオの作成により、学生個人の知力・実践力を可視化していく。またこの制作を通して進路先へのプレゼンテーション能力を向上させ、編集力・デザイン力・発信力のある人材を育成していく。 さらに、学生が作成したポートフォリオを見直すことで授業内容の確認も行うことができ授業改善につなげることができる。