先輩・卒業生の声

 

就職2年で夢をつかんだ先輩たち


「指導者という立場にこだわらず、人々の健康づくりに関わる仕事に就きたい」と、就職先を悩んでいた時に出会ったのがこのフィットネスクラブでした。フロント、ジム、スイミングなどのセクション分けがなく、全てのエリアを担当できるので、やりがいがありますよ。筋肉や骨のつくり、運動生理学、スポーツ栄養学など「スポーツを支える側に必要な基礎知識」を西短で学んできたので、安心して現場にでることができました。また、在学中に健康運動実践指導者、エアロビックダンスエクササイズインストラクターなど5つの資格を取得できたことも仕事をする上で、大きな自信になっています。実際に現場に出て感じたのは、利用者様と積極的にコミュニケーションをとり、要望や不安、悩みをしっかりと聞き出すことの大切さ。ニーズを把握し、一人ひとりに合った無理のない運動プログラムを提案することが私の役割だと思っています。


はるおかスイミングスクール に就職!

プロとしての壁にぶつかった実習授業。
乗り越えられたから、今の私がいます。

横田 早紀さん
キッズスポーツコース(2017年卒業)
福岡県 玄界高校出身

私が就職したのは、大人も子どもも自由に通えるスイミングスクール。2年間で水泳コーチの資格を取れたことが就職試験での強みになりました。就職後は一回の授業で一つでも「ここができた」と生徒さんが成長を実感できるように、一人ひとりに合わせたトレーニング指導がしたいです。こんな前向きな私ですが、ゼミ活動で一般の方向けに運動指導教室を行った時は苦戦してしまって…。生徒さんとうまくコミュニケーションがとれず、自分から話しかけることができなかったんです。インストラクターとしてやっていけるのか不安になりましたが、ボランティア活動などに参加することで自然と力がつき、壁を乗り越えられました。

グローバルスポーツ医学研究所 に就職!

天職と言える仕事に出会えたのは、
学内外での様々な活動のおかげです。

角地 莉奈さん
フィットネストレーナーコース
(2017年卒業)
北海道 旭川藤女子高校出身

私が北海道から西短に入学した理由は、障がい者や高齢者のスポーツについても幅広く学べるから。一人暮らしだったので充実した学費サポートも魅力でしたし、授業でキャンプ実習もあり、すぐに友達もできました。ゼミ以外にも担任の先生がいたのも心強かったですね。就職先は具体的なイメージがなかったので、実習やボランティアに積極的に参加しましたが、どれもしっくりこなくて…。そんな時に出会ったのが、お客様を癒すリラクゼーションの仕事。先生の紹介で、専門的な資格がなくても働ける企業に採用されました。2年生の11月から研修が始まりましたが、骨や筋肉のつくりなど習ったことが役に立っていて、毎日が楽しいです。