氏  名 大石 道義 職  名 教授
所属学科 緑地環境学科
担当科目 造園樹木学,樹木学実習,環境ボランティア演習
専門分野 文化財の活用
1.経  歴
大  学 東京農業大学農学部
大学
学  位 学士(農学)
2.所属学会
所属学会 日本造園学会,産業考古学会,日本産業技術史学会
3.研究活動
(1)研究業績(平成26年4月〜平成31年3月)
【著書】

【主要論文】
・『再生したい「竹」の活用―矢部川水系の生業から』、平成27年2月、西日本文化473号、西日本文化協会、単著
・『「産業・教育・福祉・文化・環境・景観」面での連携的価値創造をめざす体験学習の試行例と受講者 認識』、平成27年3月(2015年)、「総合学術研究論集」、第5号、共著
・『四国における現存最古の高原製粉精米水車場―歴史と敷地と水車の概要―』、平成27年3月(2015年) 「産業考古学会」、第152号、共著
・『「櫨・木蝋産業」文献分野別目録年表の試作』、平成28年3月(2016年) 「総合学術研究論集」、第6号、単著
・『産業遺産の価値と保存活用に関する基礎的研究』、平成29年3月(2017年) 「総合学術研究論集」、第7号、単著
・『「櫨と水車と地球儀の里」の提起について』、平成29年3月(2017年) 「総合学術研究論集」、第7号、単著
・『福岡県八女市上陽町杠葉所在の樹葉製粉原口水車場(遺構)』、平成30年3月(2018年)「総合学術研究論集」、第8号、共著
・『ご近所応援団の改革と特徴(Ⅰ)―福岡市中央区唐人町界隈の地域支援ネットワーク ご近所応援団の事例―』、平成31年2月(2019年)「総合学術研究論集」、第9号、共著

【社会活動】
・久留米市伝統的町並み保存審議会委員 平成11年4月〜 久留米市
・九州産業考古学会会長 平成23年5月〜
・香月徳男資料保存研究会事務局長 平成18年10月〜
・九州産業技術史研究会副会長 平成26年〜
・八女デザイン会議代表 平成9年〜
・芸術の森デザイン会議会員 平成23年〜
・高原水車場友の会顧問

【学会発表】
・櫨の審美性・景観資源性に関する評価例、平成31年3月、日本造園学会九州支部 平成30年度久留米大会研究事例報告集Vol.26、単著
・八女地方の樹葉製粉水車場の残存状況と今日的価値、平成31年3月、日本造園学会九州支部 平成30年度久留米大会研究事例報告集Vol.26、単著

【講演会活動】

・『高原水車場の市民参加・参画の保存活用と敷地ゾーニングへの提案』、高原水車場友の会発表会 記念講演 平成26年4月
・『地域固有資源を活かした郷土景観の保全と活用に関する研究―福岡県八女地方を事例として―』、平成27年7月、九州産業技術史研究会講演
・『伝統的地場産業、及びそれが形成する郷土景観の価値、並びにその社会的啓発・再生を企図した体験学習などの提案について―福岡県八女地方を事例として―』、平成28年6月、九州産業技術史研究会講演
・『八女地方の伝統的地場産業の構造価値と地域づくりについて』、平成29年6月、九州産業考古学会年次総会講演
・『櫨・木蝋産業の今日的価値の見直しと筑後「櫨の国」再生について』、平成30年8月、小郡市文化財中村邸企画講演会

(2)職務上の実績に関する事項
[資 格 名]                [取 得 年]    [概要]
教員免許高校2級農業             昭和51年3月
玉掛技能士                  昭和51年
小型移動式クレーン運転技能士         昭和51年
小型車両系建設機械運転特別教育終了証     昭和59年
職業訓練指導員                平成7年
(3)学内役員・役職
二丈キャンパス所長、紀要編集委員会委員