MENU
TOP
氏  名 下稻 美里 職  名 助教
所属学科 保育学科
担当科目 保育原理、保育者論、保育内容Ⅱ(子どもと環境)、保育実習指導IA、保育実習指導IB、保育実習指導Ⅱ、総合演習Ⅰ、保育内容の理解と方法(感覚遊び)、幼児と言葉、卒業研究
専門分野 保育学、幼児心理学、幼児教育
1.経歴
大学 福岡女学院大学人間関係学部子ども発達学科
大学院 福岡女学院大学人文科学研究科発達教育学専攻
学位 修士(発達教育学)
2.所属学会
所属学会 日本保育学会、日本心理学会、日本教育心理学会、日本保育者養成教育学会
3.研究活動
(1)研究業績(平成26年4月〜平成31年3月)
【主要論文】
・『幼児期におけるDeathLearningの試論―発達教育学的視点の試み―』 平成28年3月 (2016年)、「福岡女学院大学大学院紀要発達教育学」創刊号、共著
・『幼児における手触りの快不快とオノマトペに関する基礎的研究―触素材に対する反応と触感の表現―』 平成28年3月 (2016年) 「福岡女学院大学大学院紀要」創刊号、共著
・『保育内容5領域の変遷にみる保育者の専門性と課題』 平成30年3月 (2018年) 「久留米大学教職課程年報 2018」、共著
・『保育内容に関する研究Ⅰ―保育内容「環境」の変遷にみる保育の方向性―』平成31年3月(2019年)「西日本短期大学 総合学術研究論集」第9号、共著

【学会発表】
・「幼児における手触りの快不快とオノマトペに関する基礎的研究 ―触素材に対する反応と触感の表現―」 平成28年6月、日本認知心理学会第14回大会
・「保育者養成校に通う学生の就業意識に関する検討(1)―希望職種別によって就業動機は異なるか―」 平成28年8月、全国保育士養成協議会第55回研究大会
・「保育者養成校に通う学生の就業意識に関する検討(2) ―保育実務を学ぶと労働に対する意識は変わるか―」 平成28年10月、日本教育心理学会第58回総会
・「幼児期のレジリエンスを育む保育者の援助方略に関する研究(1) ―役割の違いによる認識の差異について―」 平成28年10月、日本教育心理学会第58回総会
・「幼児期のレジリエンスを育む保育者の援助方略に関する研究(2) ―役割の違いによるかかわりに関する記述の差異について―」 平成28年10月、日本教育心理学会第58回総会いによるか
(2)職務上の実績に関する事項
[資格名] [取得年] [概要]
幼稚園教諭一種免許 平成23年 福岡県教育委員会
保育士資格 平成23年 福岡県
幼稚園教諭専修免許 平成28年 福岡県教育委員会
学校心理士 平成29年 一般社団法人学校心理士認定運営機構
(3)学内役員・役職
広報戦略委員会委員