先輩・卒業生の声

 

就職2年で夢をつかんだ先輩たち


入居者様が信頼してくださり、笑顔を向けてくれることが介護福祉士としての大きな幸せ。リハビリの成果を感じた時には、入居者様と手を取り合って喜んでいます。いま働いている介護老人保健施設は、高齢の方が在宅復帰を目指し、末永く自宅での生活を継続できるようリハビリを行う場所です。ショートステイなど短期入居者様も多いので、なるべく多くの方と言葉を交わし、顔や性格を覚えられるよう心がけています。元々勉強が得意ではなかった私ですが、西短で資格を取得し、実習で利用者様と接するなかで「努力すれば結果がついてくる」ことを実感。今もその思いを胸に、日々仕事と向き合っています。また、新しい入居者様とも緊張せずに会話ができているのは西短でのグループワークやたくさんの実習で人見知りを克服できたおかげ。介護福祉士は、入居者様の笑顔を引き出し、心に寄り添える、かけがえのない仕事だと感じています。


社会福祉法人 誠和会に就職!

実習前指導のおかげで力を発揮でき、
希望する施設の内定に繋がりました。

辛嶋 優夏さん
(2017年卒業)
大分県 玖珠農業高校出身

「疲れた」と言いながらも、介護福祉士として楽しそうに働く母を見て、私も同じ道へ進もうと決意。海も山もあるロケーションに惹かれてオープンキャンパスに参加しましたが、先輩方が優しく迎えてくれて嬉しかったですね。私が就職したのは、実習でお世話になった施設。職員の方と利用者様の家族のような関係性が素敵でした。また介護は一歩間違えれば転倒など事故に繋がる可能性もあるため、チームワークのよさにも惹かれていましたね。実はこの就職は、丁寧に実習前指導をしてくれた先生方のおかげだと思っています。介護計画の立て方など先生方が細かく見てくださり、自信を持って現場へ臨めたことが強みになりました。

障害者支援施設 菊池園に就職!

実際のに体験して魅力を再確認。
障がい者の方と家族のような関係に。

稲益 絵美さん
(2017年卒業)
福岡県 西日本短期大学附属高校出身

障がい分野か介護分野か迷っていましたが、実習を通して「障がい者施設で働きたい」と、夢が明確になりました。重度の障がいを抱えた利用者様の施設なので、一人ひとりの病気や症状によって求められることが違います。それでも、利用者様の素敵な笑顔、職員さんとの強い信頼関係に心を打たれました。学科長の「なんでも挑戦してみなさい」という言葉にも背中を押されましたね。入社後は業務を覚えるのはもちろんですが、利用者様に合わせたプラスのケアをしていきたいです。西短はグループワークなどを通して頭が柔らかくなるのはもちろん、すぐに友達もできるので、同じ夢を持つ仲間と頑張りたい人にぴったりですよ。

 

編入学さらなる学びへ導く編入学

西南学院大学 人間科学部 社会福祉学科 へ編入!

半年間、私を支えてくれた先生に感謝。

田中 優香さん
(2018年卒業)
福岡県 新宮高校出身

祖母が介護福祉施設で働いていたこともあって、小さな頃から福祉という言葉が身近でした。でも、自分に福祉の仕事が合っているか不安だったので、4年制ではなく2年間でしっかり学べる西短に入学。充実した設備と授業内容で学ぶ楽しさを知り、1年の後期で編入を決めました。その後は、半年間で猛勉強!短期間で結果が出たのは、小論文の添削、面接対策など先生が1対1で指導してくれたおかげ。先生の協力なしには叶わなかったと思います。