MENU
TOP

健康スポーツコミュニケーション学科を受験希望の皆様にお知らせ

 現在、新型コロナウイルスの感染予防のため、本学科の特待生の選考基準である大会において、中止または延期されているスポーツ大会が出ております。
 つきましては、本学の健康スポーツコミュニケーション学科の特待生制度選考基準について、2021年度入試に限り特待生選考基準に以下を追加いたします。
 なお、従来の選考基準で特待生を申請することも可能です。

区分 減免額及び期間 従来の選考基準 2021年度入試に限り追加する選考基準
A特待生 授業料の一部免除
28.5万円×2年
合計57万円
いずれかの資格取得者又は該当者
①全国大会に出場
(高校3年間における競技成績がきわめて優秀な者で、原則入学後も学内外で競技を継続して、他の範となる者)
②日本漢字能力検定準1級以上

※受験日の面接試験の中で特待生の面接実施
受験日に行う体力テスト
全6種目【握力・上体起こし、長座体前屈・反復横跳び・立ち幅跳び・20mシャトルラン】
において、総得点54点以上の者
※受験日の面接試験の中で特待生の面接実施
B特待生 授業料の一部免除
15万円×2年
合計30万円
いずれかの資格取得者又は該当者
①各地区大会で優秀な成績
(高校3年間における競技成績がきわめて優秀な者で、原則入学後も学内外で競技を継続して、他の範となる者)
②日本漢字能力検定2級
※受験日の面接試験の中で特待生の面接実施
受験日に行う体力テスト
全6種目【握力・上体起こし、長座体前屈・反復横跳び・立ち幅跳び・20mシャトルラン】
において、総得点51点から53点の者
※受験日の面接試験の中で特待生の面接実施
C特待生 授業料の一部免除
5万円×2年
合計10万円
いずれかの資格取得者又は該当者
①各都道府県大会で優秀な成績
(高校3年間における競技成績がきわめて優秀な者で、原則入学後も学内外で競技を継続して、他の範となる者)
②日本漢字能力検定準2級
※受験日の面接試験の中で特待生の面接実施
受験日に行う体力テスト
全6種目【握力・上体起こし、長座体前屈・反復横跳び・立ち幅跳び・20mシャトルラン】
において、総得点48点から50点の者
※受験日の面接試験の中で特待生の面接実施

※健康スポーツコミュニケーション学科において、地方会場での受験者については特待生制度を適用されない。
※延期や中止となった大会について、代替で行われる場合、その結果を選考基準にあてることができる。
※受験当日に行う体力テストでの特待生の申請は、2021年3月卒業生および卒業見込みの者に限る。
※受験当日に行う体力テストでの特待生の申請は、1回限りとする。
※体力テストでの特待生受験の方は、受験当日は運動着および体育館シューズを持参すること。