就職・編入

就職・編入

  • 就職サポート
    • 就職実績
    • 先輩の声
  • 編入サポート
  • 資格サポート
  • 採用担当者の方へ

サイト内検索

先輩の声

先輩・卒業生の声

■ビジネス法学科

先輩・卒業生の声

担当地域のお客様を訪ねて、「困りごと」を解決するのが僕の仕事です。お一人ずつ話を伺い、保険や貯蓄の相談はもちろん、物販やお歳暮、お中元、年末には年賀状など、幅広い商品・プランの中からその方にぴったりのものをご提案します。郵便局に足を運ぶのが難しい方から手続きの代行を依頼された時には、信頼されていることを感じて嬉しくなりますね。ご高齢の方などは、「体調を崩していないかな」と心配になり、定期的にご挨拶に伺うことも。いろんな年齢・性格の方との何気ない話も楽しみの一つです。仕事には税金など様々な知識が必要なので、ファイナンシャルプランナーの授業や簿記検定など学生時代の勉強が役に立っています。西短は少人数クラスで丁寧に教えてもらえるので、勉強が苦手な方でも楽しく勉強できますよ。先生方は温かい方ばかりで、卒業した今でも定期的に訪ねて、アドバイスをもらっているほどです。

 

■緑地環境学科

先輩・卒業生の声

今勤めている会社とのご縁は、西短の先生方が繋いでくれた大切なもの。傷んだり、病気になったりした樹の診断や回復、病気の予防などをする「樹木医」を目指している私にとって、樹木医として第一線で活躍している社長は、憧れそのものでした。現場で社長から教わることも多く、毎日が発見の連続ですね。日々の業務は、先輩社員と一緒に公園の管理や個人宅のお庭の手入れなど様々です。公園は地域の方の声を取り入れながら進めるので、やりがいがありますよ。入社当時は専門用語がわからずに戸惑いましたが、先輩方や関係業者の方に温かくご指導頂いたので、早く業務を覚えて役に立ちたいと思っています。学生時代に学内外で社会人の方と関わる機会が多かったことが、仕事の中で活きています。何より、学生の間に測量から設計、施工までひと通りの流れを学べたことは、この業界で働くうえで強みになっています。

 

■社会福祉学科

先輩・卒業生の声

「あの入居者さんが、沸田さんのこと褒めていたよ」と先輩たちから聞く度に、心から信頼されていることがわかり、やりがいを感じます。西短での現場実習では、「この仕事には向いていないかも…」と落ち込んだこともありますが、先生の「私もそうだった。大丈夫だよ」という言葉を信じて、諦めなくて本当によかったです。今働いている施設は、少人数の入居者様をチームでケアできるユニット制なので、一人ひとりと向き合いたい私にぴったりでした。入居者様と私たちは、ご家族よりも長い時間を過ごしますから、日頃からお声をかけて少しでも心が近づくように寄り添っています。また、新しい施設なのでいろんなことにチャレンジできますし、「利用者様の夢を実現する」というモットーがあるので、入居者様が何気なく言われた「あれがしたい」という言葉を絶対に逃しません。一人でも多くの方の夢を叶えて、笑顔になってほしいです。

 

■保育学科

先輩・卒業生の声

年中児18人の担任として、子どもたちの成長をそばで見守れる喜びを日々感じています。最初は上手く注意ができなかったのですが、先輩の先生方を見ながら遊びと指導のメリハリを持って接することを学びました。すると、今まで言うことを聞かなかった子どもたちが慕ってくれるようになり、保護者の方から、「家で先生の話をしてるよ」と言って頂けることも!また、日本文化や礼儀などの教育面にも力を入れている園なので、どんなに忙しくても一人ひとりの目を見て話す、挨拶をするなど、子どもたちのお手本になれるように心がけています。小さい頃からの夢が叶ったのは、根気よくピアノを教えてくれるなど、寄り添ってくれた西短の先生のおかげ。就職先を保育園と迷っていた時には、私の性格を知ったうえで幼稚園を勧めてくれました。季節の行事について学んだプリントは、今でもよく見返しています。

 

■健康スポーツコミュニケーション学科

先輩・卒業生の声

地元への就職を希望していた私に、西短の先生が実習先として勧めてくれたのがこのスクールでした。今は公共施設である「あすてらす」で、幅広い年齢の方を対象にした水泳や筋力トレーニングのインストラクターをしています。約10個ある教室のメニューを作るのは予想以上に大変で、西短の教科書で筋肉や骨のつくり、病気の名前などを参考にしていますね。答えがない仕事なので悩むこともありますが、利用者様に「効果があったよ」「楽しかった」と言って頂けると、やる気が湧いてきます。また、年齢や体質は一人ひとり違いますから、常にコミュニケーションをとって、ニーズを聞き出す姿勢もとても大切です。そして次に目指しているのは、上級資格である健康運動士の取得。知識が増えるのはもちろん、活躍できるフィールドが広がるので、いつも接している利用者様に還元していきたいと思っています。