leaf
leaf
  • 大学案内
  • 学科紹介
  • 学生生活
  • 就職・編入
  • 入試情報
  • 交流・公開講座
  • 資料請求
  • アクセス

学科紹介

学科紹介

  • 法学科
  • 緑地環境学科
  • 社会福祉学科
  • 保育学科
  • 健康スポーツコミュニケーション学科
    • 学科長メッセージ
    • アドミッションポリシー
    • カリキュラム
    • 資格と進路
    • OB・在校生の声
    • 教員紹介
    • 健康スポーツコミュニケーション学科ブログ(別サイト)
  • メディア・プロモーション学科
  • 資料請求
  • 平成29年就職・進学率
  • オープンキャンパス
  • 奨学生・特待生
  • 学費サポート
  • 西日本短期大学 学内掲示板

サイト内検索

学科長メッセージ

ライフステージに応じた健康を支える
スポーツ・運動の指導者を育てる。

メタボリックシンドロームを含めた生活習慣病や超高齢社会、子どもの体力低下など、様々なライフステージにおいて健康・体力への関心が高まる中、多くの人々のQOL(生活の質)の向上に貢献できる人材を育てることを使命とし、健康スポーツコミュニケーション学科では2つの視点で学生を育てることを目標にしています。
1.幼児から高齢者に至るまで、各々のライフステージに応じた健康・体力づくりのできる運動指導者の養成。
2.障がいのある方に対するスポーツ指導や職場で働く方々の体力つくり、健康管理のできる指導者の養成。
 そして、2年間の学びの成果を第一種衛生管理者(国家資格)、健康運動実践指導者、障害者スポーツ指導者、キッズリーダーなど、多くの資格取得に結びつけ、スポーツ・健康・福祉関連施設への就職につなげていきます。
 また、健康スポーツコミュニケーション学科では、指導者としての専門能力を磨くだけでなく、社会に有用な運動指導者を育てるため、挨拶や礼儀はもちろんのこと、コミュニケーション力を高め、人間性や接遇力もしっかり磨いていきます。専門教育と人間教育に重点をおいているところが、本学科の特色であり、学ぶ強みであります。

学科長

健康スポーツコミュニケーション学科
学科長 松波 勝