MENU
TOP

緑地環境学科

西短のリアルな学びをご紹介

NISHITANSTYLE


デザインを実地から学ぼう。
設計+実習で実践的な造園・ランドスケープデザイン。

緑地環境学科では絵を描く(設計)だけで終わることなく、実作までを伴うデザインを重要視しています。それにより実践的な空間のデザインを学ぶことができます。

第42回全国造園デザインコンクールでデザインの優秀な作品に贈られる賞を受賞しました。

左はデザインの過程で製作した模型、右はそれを学生が自ら制作した庭園。


植物から環境を学ぼう。
植物から自然・社会「環境」を理解する。

植物(草・花・樹木)は造園・ランドスケープ・ガーデニングには必要不可欠な要素。まちづくりや都市計画でも、その存在は重要になっています。広大な実習場キャンパスで植物を五感で学び、その知識をベースに環境を理解します。さらにはその知識・技術を環境設計や樹木医学へ展開して学びます。

とにかく実物・フィールドで学ぶのが西短の植物の学びの大きな特色です。


ポートフォリオをつくろう。
自分の学習歴をまとめる。

豊富な実習や演習の学びを「終わった」だけで済ませてしまわずに、自らの学習履歴・作品にまとめるポートフォリオを通してキャリア形成を行なっています。授業で何をどのように学び、どのような資格や技術・知識を持っているかを可視化・再評価でき、就職や進学につなげていきます。

基本的なポートフォリオの骨格は、授業の中で制作していき、様々な授業の中で振り返れるような仕組みになっています。

ポートフォリオ制作の流れ

各授業、
実習、演習
などの
プログラム

 

写真管理、
実習演習
日報記録

 

各実習・
演習
報告書の
作成

 

再評価

 

編集と
再構成

 

活 用

さらに
こんな
ことも!

技能五輪等へのチャレンジで受賞

社会人を含む青年技能者の日本一を競う『技能五輪全国大会』で学生初の金メダル受賞。造園のデザインと製図技術の向上のための『全国造園デザインコンクール』でも最高賞を受けるなどの表彰を受けています。

『第55回技能五輪全国大会』(2017年)

◆金賞


『第44回全国造園デザインコンクール』(2018年)

◆国土交通大臣賞(最高賞)