MENU
TOP

 

保育学科


子どもたちとともに成長できる
保育者を目指して。

人と出会い、ふれあいながら
自らの能力を向上。

人の役に立つ仕事がしたいと思い、附属校では保育・福祉進学コースで学んでいました。高校時から高大連携授業などでなじみのキャンパスで学んでいます。附属校からスクールバスが出ているので、車中で予習や復習するなど上手に時間を使っています。
緒方 美希さん
福岡県 西日本短期大学附属高校出身/2018年入学

保育学科の学びQ&A

Q.西短で保育を学ぶメリットは?

A.授業やゼミナール活動の中にボランティア活動を積極的に取り入れ、学校における学びと各実習における学びをつなぐ学習の場とし実践力を身につけます。また、茶道文化や学外文化研修などの授業を通して、日本の伝統文化や豊かな感性を身につけます。

Q.ピアノに自信がありません。大丈夫?

A.保育の現場では高度な技術を求めるわけではありませんので、入学後に練習を始めても必ず弾けるようになります。練習に関しては音楽レッスン室やピアノブースで好きな時に好きなだけ練習できます。

Q.施設・設備は充実していますか?

A.本学科は、専用のキャンパス棟が自慢。音楽レッスン室やピアノブースはもちろん、美術室や図工室、リズム室、プレイルーム、監察室など、保育・幼児教育に必要とされる施設・設備を整えています。さらに、屋上に保育園芸を学ぶための施設があります。

ピックアップカリキュラム